ロゴ制作 Logo

■ロゴって必要? ロゴの役割

ロゴマークは、会社やお店などをイメージ図案化することで他社との違いを明確にし、お客様に認知してもらうことでブランドとして確立していくいわば会社のシンボルです。

企業にとってのロゴマークの役割を考えてみましょう。企業のロゴマークは大きく分けて3つの役割を果たしています。 それは「信頼」「認知」「ビジョンの共有」です。

■こんな時に役に立つロゴ

名刺、チラシ、ホームページ、パンフレット、リーフレットなどで企業アピールに役立ちます。

ロゴはどんな手順で作成するの?

ロゴっていくらくらいするんですか?

ロゴマークとロゴタイプ どうちがうの?

ロゴにはロゴマークとロゴタイプと2つ呼び方があります。

左図の左側をロゴマーク(別名:シンボルマーク)右側をロゴタイプとよびます。

ロゴマークとロゴタイプはそれぞれ特徴と役目が異なります。ロゴマークはビジュアル的に特徴があるので親近感や印象を強く与え、覚えやすいメリットがあります。
ロゴタイプは大手ファッションブランド、家電メーカーのように企業名をブランド化するという特性を持ち、企業名のアルファベットなどをデザインしてを記憶に残しやすくします。
アップルやスターバックスのようにロゴマークとロゴタイプ両方を併用している所もたくさんあります。

reason_tel